AGA治療

プロペシア男性型脱毛症AGA治療

内服発毛剤であるプロペシア(フィナステリド)は1997年に米国FDAから認可を受け、世界40カ国以上で優れた治療効果をあげています。日本では2005年12月に厚生労働省から認可を受け、男性型脱毛症(AGA)治療薬として販売が開始されました。プロペシア(フィナステリド)は発毛育毛剤において現在最も高い効果が認められています。プロペシア(フィナステリド)は医師の診察と処方が必要な処方箋医薬品に分類されていますが、保険診療の対象とはされておらず私費診療となります。

プロペシア男性型脱毛症AGA治療イメージ画像

男性型脱毛とは?

男性型脱毛症は20~30代で発症することが多く生え際や頭頂部の頭髪が徐々に細く短くなりなくなってしまう脱毛症です。生え際が後退するM字型や頭頂部が薄くなるO字型がありますがプロペシア(フィナステリド)はいずれのタイプにも効果的です。男性型脱毛症は遺伝的傾向が強く男性ホルモンに強く影響されることが知られています

プロペシア(フィナステリド)およびザガーロ(デュタステリド)の作用機序と有効性

男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという酵素によってデヒドロテストステロンに変わります。このデヒドロテストステロンが脱毛を進行させる原因物質です。プロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害することにより、ザガーロ(デュタステリド)は5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方の働きを阻害することにより、デヒドロテストステロンの増加を抑制して男性型脱毛の症状を改善させます。

80%以上の症例に発毛効果が認められていますが、効果発現まで3ヶ月以上を要するとされていますので、まず半年程度服用してから効果を判定します。長期間継続して服用しても安全性の高い薬剤とされています。

1%程度の症例に性欲減退や性機能低下がみられますが服用中止で問題なく改善します。プロペシア(フィナステリド)及びザガーロ(デュタステリド)は女性や未成年男性には使用できません。妊婦が服用すると胎児生殖器官の発育に影響を及ぼすため禁忌とされています。

治療費用

プロペシア錠(MSD社製先発品)処方の場合 28日分
初診時:15,000円(税別)・再診時:10,000円(税別)

フィナステリド錠(ファイザー社製ジェネリック品)処方の場合 28日分
初診時:13,000円(税別)・再診時:8,000円(税別)

上記金額には診察代、内服薬(1mg錠)28日分、塩化カルプロニウム外用液(アロビックス30ml)、診察時の半導体レーザー装置または高出力近赤外線治療装置による星状神経節近傍照射など脱毛治療に有効な治療全てが含まれています。

◆治療期間中の塩化カルプロニウム外用剤追加処方及び半導体レーザー治療または高出力近赤外線治療の追加はそれぞれ上記治療費用に加え別途1,000円(税別)が必要となります。

◆塩化カルプロニウムは育毛剤の血管拡張成分です。頭皮の血流を促進することにより毛乳頭の栄養状態を改善させて毛髪の成長を図ります。

◆半導体レーザー装置とは低出力レーザー装置(LLTT)とも呼ばれる装置で、生体に熱作用を起こさないレベルのレーザー光を照射しレーザーの光作用による血行改善や疼痛緩和を行う医療機器です。当クリニックでは1000mWタイプ(持田メディレーザーソフト)を使用しています。

◆高出力近赤外線治療装置とは組織深達性の高い波長帯の近赤外線を高出力で照射する装置で、上記の半導体レーザー装置と同等の効果を有する医療機器です。当クリニックでは2350mWタイプ(ミナト医科学アルファビーム)を使用しています。

◆プロペシアは男性型脱毛症(AGA)専用の内服薬です。男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症や栄養障害性の脱毛症や全身疾患に伴う脱毛症など)や女性の脱毛症には使用できません。

柳川高橋皮ふ科クリニック 福岡県柳川市本町6-1 0944-74-4155