美白外用剤・内服薬

美白外用剤

まずいちばん手軽な外用薬によるシミ治療から・・・数ヶ月(3~6ヶ月)頑張っていただければかなりの効果が期待できます。コスト控えめかつ自宅でいつでも可能なので最初に試していただくには最適な治療です。

1.ハイドロキノンクリーム
シミの原因であるメラニン色素の合成を阻害する働きがあり、効果はコウジ酸やアルブチンの100倍程度とされています。単独でもちろん効果を発揮しますが、レチノイン酸と併用することにより相乗効果が期待されます。白抜け(白斑)の心配がない安全な製剤です。当院ではハイドロキノンを分子鎖体させて安定化を図り吸収に優れた脂溶性ビタミンCを添加した最新の製剤を提供しています。

ハイドロキノンクリーム(5.0%)・・・・・3,000円 (10g・税別)

2.レチノイン酸クリーム
ビタミンA(レチノール)の誘導体で生理活性はビタミンAの50-100倍。ビタミンA類の体内における生理活性の本体そのもので、日本では未認可扱いですが、米国FDAでは認可されており多くの症例に使用されています。ターンオーバー(細胞が表皮の一番深い基底層から徐々に押し上げられて角質から垢になり剥がれていくサイクル)を促進させメラニン色素を排泄させます。(使用時の注意点がありますので担当医の指示に従ってください)

レチノイン酸クリーム(0.1%Stieva-Aクリーム)
・・・・・2,500円 (5g・税別)

美白内服薬

ハイドロキノンやレチノイン酸の治療効果を最大限に得るために、シミの患者様には内服薬の併用も推奨しています。

ビタミンC 600mg/日
ハイチオール 240mg/日
トラネキサム酸1500mg/日    14日分:2,000円・28日分:4,000円(税別)

薬院高橋皮ふ科クリニック 福岡市中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル2F 092-737-1881